ごめんね

1週間プロジェクトの時
ベースの弦を1本ずつ切っていくときの様子を表した(録音した)曲があったのだが
そこで現れた
「ごめんね」
という
曲。

切り取って
形にしてみた。








<全体>
・勢いだけで作ったので、細部がゆるい。
・コードの展開が思い浮かばなかったから、変えなかった。しんぷるいずざべすと。

<声>
・正直、ずれてると思う。
・しっかり音とってから歌えば良かったと反省。

<ギター>
・もともとはアルペジオだったのにコード弾き。
・もともとはA⇒Bbのコード進行だったのに、いつまにかF⇒ Bbになってた。

<ベース>
・久しぶりに8分刻みやってる。
・不満はない。

<ドラム>
・ドラム⇒ベース:ずれる、ベース⇒ドラム:ずれる…どちらから録音すれば良いのじゃ。

ーーーーーーーーーーー
ごめんね 作詞:おれ

あなたのことを 抱きしめられない
ごめんね

あなたにことば 伝えられない
あなたにえがお 見せてあげられない
ごめんね

あなたにきもち つたえられない
あなたのことを おもいだせない
ごめんね

ごめんね

いなくなる

最近
僕の周りの誰かが
死んでしまっている。

死に別れ

遠くに住んで暮らしているの

「会えない」
という面では同じなのに
やっぱり
何か違う。

この地球上のどこかで
元気に
息を吸ったり履いたり
寝たり起きたり
飯食ったり
風呂入ったり

遠くに住んでいる人が
そうやってるんだな

考えられることが
ポイント
なのかもしれない。

僕はきっと
このまま親の死に目には会えないし
それでもいいんじゃないか

思っている親不孝物なので。

でも
心のどこかでは
泣くんだろうな。

カーテン

なんと
FC2ブログが
再会できた。

よって
曲も宣伝できるし。

するし。




<全体>
・取り直す勇気を持つこと
・多少ずれてても気にしないこと

<ボーカル>
・全部地声で。
・声に力が足りないのは、部屋の中だからさ。

<ギター>
・アルペジオが難しい。
・同じポジションを続けることは、非常に筋力が必要だとわかった。

<ベース>
・ある低周波数帯でモニターできなくなっているので、正直怪しい。

<ドラム>
・叩いた。

==========
カーテン 作詞:おれ

外は秋晴れ いい天気
降水確率0パーセント

そんな私は
部屋の中
カーテン閉めて
部屋の中

走り回る犬とか
伸びをする猫とか
膝を擦りむく子供とか

みんなカーテンの向こう側

私にはこれしかない
私にはこれしかない

そんな私は死んでしまえばいいのに
誰かのために生きることができないなら
こんな私は死んでしまえばいいのに
それが誰かのためになるのなら

不満

変わんねーなー
自分。

規則正しく
清く正しく
生きること

できん。

奥手

もうちょっと
こう
男らしさ

欲しいところ。

結局のところ
深くはないんだろう
という
こと
か。

心のどこかで
信用できていないので
そうなるんだ
なぁ
と。

迷ったなら
勇気がいる方を選べ

アドバイスがどこかにあったので
勇気がいる方は
おいらにとっては
続けること
なので
続けること

している。
プロフィール

kou

Author:kou
楽器演奏が好きです。

主にベースを弾きます。

血迷ったらギターも弾きます。

ルカ様の声が大好きです。

最新記事
カテゴリ
リンク
見に来た人